二世帯住宅豆知識

 

もっと情報が知りたいという方へ二世帯住宅成功ノート「プレゼント」

名古屋市緑区のモデルハウスへお越し下さい!

二世帯住宅。MENU

二世帯住宅豆知識

オームラ設計ってどんな会社?気のぬくもりが溢れ、風を感じられる家づくり

スタッフ紹介 実際に二世帯住宅で生活しているオーラム設計スタッフ 二世帯住宅のショージキなところ…全てお話いたします!!

二世帯住宅アドバイザー大村ブログ

二世帯同居の嫁さん奮闘ブログ

株式会社オームラ設計

〒458-0037
名古屋市緑区潮見が丘2-20
TEL:052-896-5662

一級建築士事務所 愛知県知事登録(い-28)8569号
一般建設業 愛知県知事登録
(般-25)第100392号
宅地建物取引業者 愛知県知事免許(3)第19765号
適合証明技術者登録 20230187
エコロジーハウス推進機構認証設計事務所 No.287号

会社概要

アクセス

HOME > よくある相談Q&A  > 二世帯住宅のメリット・デメリットは何ですか?

よくある相談Q&A

Q.二世帯住宅のメリット・デメリットは何ですか?

 

A:暮らしの中に様々な安心感を得られます。

両世帯に嬉しいメリットがあります。

精神的メリット

共働きの家庭や、病気がちの子供を抱える家庭において、精神的な支えが大きいと言えます。親世帯にとって孫と一緒に暮らすことは、を見ることができたり、子世帯から刺激を受けたり、暮らしに張り合が生まれます。子供だけで留守番をさせるのは心配事の一つ。そんな時、親世帯の協力があれば安心です。お互いに助け合うことで、心と時間にゆとりが生まれ、仕事や趣味などの時間にあてることができます。

 

 

 

 

将来の安心的メリット

まもなく4人に1人が高齢者の時代。万が一、親世帯が介護を必要となった時、家族がそばにいて世話をしてくれることが、心の支えになり、安心感につながります。

 

 

 

 

 

二世帯住宅のデメリット

「実家にいた頃は、いざこざや喧嘩の連続だったのに、家を出てから親との関係がとても良くなった。」という話や経験はありませんか?

物理的な距離が、精神的な距離にもなり、親子が互いに大人としての礼儀を持って接し合えるようになったのです。しかし、この逆のこと「二世帯住宅」における「同居」では起こりえます。つまり「親と子の距離感の欠如」こそが、「二世帯住宅」のデメリットの本質です。

例えば深夜に及ぶ、仕事と体力の調整のために、子世帯が起床時間を遅らせていることが、親世帯からは「だらしない朝寝坊」と取られてしまう。

親世帯がモノを大事にする気持ちで古い家具や壊れた家電を捨てられないことを、子世帯は「整理整頓がルーズ」だと感じてしまう。「生活パターン」や「生活の癖」は、別々に暮らしていれば表に出ることも問題になることもありません。しかし、「二世帯住宅」での「同居」が開始され、互いの物理的・精神的距離が一気に縮まることで、相手の「生活パターン」や「生活の癖」が自分の生活領域に「侵入」してくるかのような危機感をお互いに抱いてしまいがちです。

このような状況を避けるためにも、ポイントになるのは、「親と子の距離感」。親は子を大人になっても子供扱いしがち。子も親に甘えてしまいやすいもの。

自分たちが冷静に「精神的距離」を保ち続ける自信がない場合は、建物の広さなどの制約はありますが、できるだけ住まいの中に「物理的距離」を設けることが、問題を少なく抑える秘訣です。

 

 

 

二世帯住宅成功ノートプレゼントイベント情報2017年2世帯モデルハウス新たにオープン!!お問い合わせ・資料請求・モデルハウス見学は下記よりお気軽にどうぞ


0120-382-451

メールでのお問い合わせ